小田急線 相模大野駅前 徒歩30秒

そのこ矯正歯科 相模原市 相模大野 矯正歯科 日本矯正歯科学会専門医 成人矯正 子供の矯正

そのこ矯正歯科 相模原市
そのこ矯正歯科
矯正歯科とは?
成人矯正
子供の矯正
歯を動かしやすくする治療
マウスピース型矯正装置(インビザライン)・舌側矯正・アライナー
なるべく歯を抜かない矯正治療
そのこ矯正歯科Q&A
矯正歯科治療の流れ
料金案内
その他の治療 相模原市
予防歯科
クリーニング(PMTC)
ホワイトニング
エイジングケア
デンタルアロマセラピー
そのこ案内
そのこ矯正歯科コンセプト
院長ご挨拶
アクセス
カレンダー
施設案内
取扱商品
インフォメーション
求人(歯科衛生士・技工士)
リンク集
お問い合わせ
プライバシーポリシー

抜かない矯正|矯正歯科 相模原市相模大野 小田急線
   なるべく歯を抜かない矯正治療

矯正歯科治療で抜歯をするケースが多いのは何故でしょうか?
それは、歯並びが悪くなってしまった原因として、歯の大きさに比べて顎が小さいケースが
多いためです。このようなケースでは、歯をきれいに並べるスペースを確保するために
抜歯が必要となるのです。

しかし、健康なまだ使える歯を抜くことに抵抗があって、
なるべく歯をのこしたいと希望される方はたくさんいます。
そのこ矯正歯科では、なるべく抜歯をしない方法を選択しています。

奥歯を後方へ下げてスペースを確保
大臼歯(親知らずを除いた一番奥の歯)を後方へ下げられるスペースがある場合、
歯列全体を後方に下げることで歯をきれいに並べるためのスペースを確保します。

歯科矯正用アンカースクリューを使うことによって、今までにない量の遠心移動が可能となり、
抜歯をする患者様がすくなくなりました。

※親知らずが生えていたり埋まっている場合は、後方へ下げるスペースが無いので親知らずは
  最初に抜歯する必要があります。

ペンディラム・GMD

歯列のアーチ(あご)を広げてスペースを確保
元々歯列のアーチが狭い方は、歯列のアーチを拡大することで歯をきれいに並べるための
スペースを確保します。

上あごの成長が残っているお子様は拡大は十分可能ですが、すでに成長の終わっている成人の場合、拡大するには、手術が必要となる場合があります。


治療前治療後

そのこ矯正歯科では
成長期から治療を始めて、ちゃんと装置を使ってくださった場合には、抜歯ケースになることはほとんどありません。それはあくまでも、本来育つべきあごの大きさに近づけるための治療であり、その人の限界を超えてあごを広げるわけではありません。

成長が期待できない成人矯正では、歯をきれいに並べるためのスペースが足りない場合、歯科矯正用アンカースクリューや、セルフライゲーションブラケット装置などを利用し、なるべく非抜歯を目指しますが、不正咬合の状態によっては、抜歯や手術が必要となります。
無理な顎の拡大等は後戻りの原因となり、また審美的にもかえって悪くなる可能性があります。

そのようなケースでは、患者さんに抜歯の必要性と、抜かずに治療した場合のデメリットをご説明しています。

ご予約はTELにてお願いいたします。そのこ矯正歯科TEL.042-740-8817

矯正歯科治療の流れをご確認下さい!

歯を抜きたくない方のための矯正